美容と健康サポート!薬剤師が薦めるOTCトレンドチェック!

漢方の言葉で「未病」という言葉があります。未病とは病気になる前の状態で、病気になってからケアをするのではなく、病気になる前の「未病」の段階からケアをしようということです。
これからの時代は自分の健康は自分で守る時代です。
そのためには、日頃から特定保健用食品を上手に取り入れて、
生き生きとした毎日を送ることをお薦めします!
 

2017年03月02日

花粉症による肌荒れを予防するスキンケアとは?

花粉症の症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりだけでなく
その影響が肌にも現れます。

kafunshouhadaare.jpg


実は、

花粉症で悩む女性は、すでに皮膚のバリア機能が崩れているため
乾燥を引き起こしやすくスキンケアがとっても重要です。


乾燥肌で敏感になっているので
「洗い過ぎ」が原因であることもあります。


花粉症時期のお薦めのスキンケアを紹介します。


1、外出から戻った後は、肌に負担の少ない
クレンジングでメークを落とし、洗顔をして
肌に付いた花粉を十分に洗い流します。


2、しっかり落としたいからといってゴシゴシ洗ったり、
スクラブ入りやピーリング剤入りの洗顔料で洗うのはNG
また熱めのお湯は必要な皮脂まで流してしまうので、
ぬるめのお湯を使用してください。


3、仕事で外回りをされている方などは、洗顔ができないと思いますので、
そういう場合は、フェイスブラシで顔についた花粉を払うのもよいかと思います。


4、洗顔後、一番大切なのは保湿です。
刺激の少ない化粧水でしっかり保湿をしてください。
アルコールはしみる方もいらっしゃるので、
アルコールフリーのものを選んでもよいかもしれません。

一つの方法として、天然保水成分サクラン配合の
オールインワンジェルを使ってみるのもいいですよ。
↓↓↓





5、クリームは、油分の多いものがバリアの役目を果たしてくれますが、
ベタベタしていると花粉が付着するので、上からパウダーをはたくと
肌の状態をサラサラにできるので、花粉を付きにくくできます。


6、顔の肌の乾燥対策以外に唇のケアも重要です。
花粉の影響を受けてカサカサに乾燥したり、
皮がはけたり、腫れたりするという方も多いので、
リップベースやワセリンなどで唇の保湿を心掛けてください。


7、花粉症の場合、何回も鼻をかむので、鼻の肌荒れも無視できません。
ヒアルロン酸入りやローション入りのティッシュなどが発売されているので、
肌に優しいティッシュを使うといいです。



⇒ネピア 鼻セレブティシュ 楽天でチェック!












posted by 健康オタク at 15:35| Comment(0) | 花粉症肌荒れスキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする