美容と健康サポート!薬剤師が薦めるOTCトレンドチェック!

漢方の言葉で「未病」という言葉があります。未病とは病気になる前の状態で、病気になってからケアをするのではなく、病気になる前の「未病」の段階からケアをしようということです。
これからの時代は自分の健康は自分で守る時代です。
そのためには、日頃から特定保健用食品を上手に取り入れて、
生き生きとした毎日を送ることをお薦めします!
 

カテゴリー:花粉症肌荒れスキンケア

2017年03月02日

【花粉症による肌荒れ】マスクやティッシュによる肌荒れの予防法

花粉症の人にはマスクやティッシュは必要アイテムですが、
実は、マスクやティッシュで肌荒れを起こす場合があります。

ただでさえ、

花粉症の時期は肌が乾燥して敏感肌になっているので
マスクやティッシュによって肌に余計な刺激を与えてしまって
花粉症皮膚炎が悪化してしまいます。


マスクをすると肌の調子が悪くなるが、
くしゃみはなくムズムズする程度ならばマスクは必要ないでしょう。

くしゃみがひどく、マスクが手放せない人は
花粉の季節が過ぎるのを待つしか根本的な解決策がありません。
ただ、全く予防法がないかと言うとそうでもありません。

顔に密着するタイプのマスクよりも、
立体感のあるマスクの方が肌に接触する面積が少なくなり
トラブルのリスクを減らせます。

また、肌とマスクの接触する部分周辺に、
保湿クリームを塗布してもいいです。

サクラン配合のスキンケアジェルを使うのも
一つの方法です。

マスクの蒸れによる吹き出物やニキビの悪化を防ぐには、
室内に居る時はマスクをコマメに取り外し肌の換気を促すことです。

使い捨てタイプのマイクは
毎日新しいものに取り替え、清潔感を保つことも大切です。


ティッシュによる肌荒れを予防するには
鼻水を除去する際は優しく押さえるようにして
吸い取ると肌荒れが軽度で済みます。

また、使うティッシュは、柔らかくて
しっとりとしたものを選びましょう。

















posted by 健康オタク at 16:38| Comment(0) | 花粉症肌荒れスキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉による肌トラブルが現れてしまった場合の対処法

kafunhadaare11.jpg

1、花粉症皮膚炎の対処法


花粉症皮膚炎を起こしている肌は敏感になっているため、
あれこれ、化粧品を使用して肌を刺激しないことです。


成分構成が複雑な化粧品ほど、
肌にとってはかぶれやすくなるため、
できるならば成分構成が単純なワセリンのみを
薄く塗る程度で十分です。


皮膚炎の状態がひどければ、
早目に皮膚科を受診して下さい。


2、肌の痒みがある場合

hadaarekayumi.jpg

肌の痒みがある場合は、掻かないことが重要です。

掻くことで皮膚のバリアを余計に破壊することで
さらに痒みが増す危険性があります。

虫刺されや湿疹は一度掻くと
どんどん痒みが増していった経験はあると思います。

掻くことで余計に神経が敏感になり、痒みが止まらなくなります。

痒みを我慢するのは大変なので、
冷やしたり、かゆみ止めの軟膏を付けることがお薦めです。


3、メイクアップ化粧品の選び方

花粉症 メイク.jpg


基本的な化粧品の選び方は、
肌のバリア機能をサポートする保湿成分が配合された
美容液やクリームが良いです。

ただし、

なるべく成分内容がシンプルで、
サラッとしたタイプのものがベストです。


メイクアップのファンデーションは、
肌への負担が少ないルースパウダー(粉白粉)か、
パウダーファンデーションがお薦めです。

リキッドやクリームタイプのファンデーションは、
界面活性剤や防腐剤などの添加物が多く配合されているため、
花粉症の皮膚炎を起こしている肌にはNGです。


4、マスクやティッシュによる肌荒れの対処法

kafunshoudhadaare.jpg


鼻のかみすぎで鼻の肌荒れを起こしやすい方は
ヒアルロン酸入りやローション入りのティッシュ
などが発売されているので、肌に優しいティッシュを使うといいです。



>>ネピア 鼻セレブティシュ 楽天でチェック!>>


マスクによって肌荒れを起こしている場合は
複数の化粧品をあれこれ付けすぎないことです。

kasukuhadaare.jpg


その場合は、肌当たりの優しい
ワセリンを薄く塗った方がいいです。

吹き出物やニキビが悪化した場合は、
朝晩の洗顔で雑菌や汚れを適度にリセットすることです。

hadaarehositu.jpg


洗顔すると肌荒れがひどくなるので
ウェットティッシュやデオドラントシートを
活用する人がおられますが、防カビ剤が含まれているため、
荒れた顔肌にはお勧めできません。


洗顔後にはビタミンC誘導体(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na・
3-O-エチルアスコルビン酸・リン酸アスコルビルMg・
アスコルビルリン酸Naなど)入りの化粧水を、
積極的に使うことをお薦めします。


花粉症の肌荒れは、乾燥が原因のことが多いので
とにかく保湿重視を心掛けてください。


保水能力がヒアルロン酸の10倍ある
サクランを配合した化粧品を使うのもいいですね!
↓↓↓


















posted by 健康オタク at 16:17| Comment(0) | 花粉症肌荒れスキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症による肌荒れを予防するスキンケアとは?

花粉症の症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりだけでなく
その影響が肌にも現れます。

kafunshouhadaare.jpg


実は、

花粉症で悩む女性は、すでに皮膚のバリア機能が崩れているため
乾燥を引き起こしやすくスキンケアがとっても重要です。


乾燥肌で敏感になっているので
「洗い過ぎ」が原因であることもあります。


花粉症時期のお薦めのスキンケアを紹介します。


1、外出から戻った後は、肌に負担の少ない
クレンジングでメークを落とし、洗顔をして
肌に付いた花粉を十分に洗い流します。


2、しっかり落としたいからといってゴシゴシ洗ったり、
スクラブ入りやピーリング剤入りの洗顔料で洗うのはNG
また熱めのお湯は必要な皮脂まで流してしまうので、
ぬるめのお湯を使用してください。


3、仕事で外回りをされている方などは、洗顔ができないと思いますので、
そういう場合は、フェイスブラシで顔についた花粉を払うのもよいかと思います。


4、洗顔後、一番大切なのは保湿です。
刺激の少ない化粧水でしっかり保湿をしてください。
アルコールはしみる方もいらっしゃるので、
アルコールフリーのものを選んでもよいかもしれません。

一つの方法として、天然保水成分サクラン配合の
オールインワンジェルを使ってみるのもいいですよ。
↓↓↓





5、クリームは、油分の多いものがバリアの役目を果たしてくれますが、
ベタベタしていると花粉が付着するので、上からパウダーをはたくと
肌の状態をサラサラにできるので、花粉を付きにくくできます。


6、顔の肌の乾燥対策以外に唇のケアも重要です。
花粉の影響を受けてカサカサに乾燥したり、
皮がはけたり、腫れたりするという方も多いので、
リップベースやワセリンなどで唇の保湿を心掛けてください。


7、花粉症の場合、何回も鼻をかむので、鼻の肌荒れも無視できません。
ヒアルロン酸入りやローション入りのティッシュなどが発売されているので、
肌に優しいティッシュを使うといいです。



⇒ネピア 鼻セレブティシュ 楽天でチェック!












posted by 健康オタク at 15:35| Comment(0) | 花粉症肌荒れスキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする